ガントチャートダイアリーを2ヶ月使ってみて

今年はガントチャートダイアリーをスケジュール帳に使っています。
これがとても使いやすくて気に入っています。

赤を買いました◎
去年の5月にコボリさんの 1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」を読んで googleスプレッドシートで100年日記を書き始めました。
そうしたら12月 ツナゲルアカデミーという立花岳志さんの講座の 動画収録会ゲストがコボリジュンコさんで ご本人から、ガントチャートダイアリーを含めた 手帳活用術のお話を聞けた!
詳しく書かれていると聞いた 「週刊ダイヤモンド」の記事も参考に、すぐに使い始めました。 ガントチャートダイアリー

どこが使いやすいのか?

今までトラベラーズノートに 週間ダイアリーのリフィルを入れて使っていました。
革のルックスも味があって 5年使い込んでいい感じ。
これも縦軸の時間ごとのスケジュールも書けるのですが 見開き1ページで見られるのは 1週間です。
ガントチャートダイアリーの良さは 見開きで1ヶ月見渡せること
コボリさんの使い方を参考に

◎ 縦軸
縦軸の一番上を
・その日に一番重要なことや予定 その下4段を1日を4分割して
・午前(9-12)
・午後(13-16)
・夕方(16-19)
・夜(19〜)

私の場合は夜にライヴ撮影が入ったりするので 夜は予定表に入れて
早朝はフリーということで予定には入れませんでした。 (まず、起きられればの話。。)

その下の5段はプロジェクト(仕事ごとの流れ)
・new (web制作の新規案件や、納期の決まった仕事)
・monthly (web制作の毎月の決まった仕事、月額契約の仕事)
・photo (写真の仕事、やりたいこと)
・music(音楽活動でやりたいこと)
・life (自由に書く、生活に関すること、家族のこと)

◎ 横軸
予定は色ペンを使って ぱっと見たときに何が多く占めているのか わかりやすくしてみました。
例えば、オレンジはこれからの自分が増やしていきたい時間
レッドは撮影
ピンクはweb仕事
ブルーは基本、変更しない予定(歯医者とか、期間限定の展示とか)
グリーンが友達との約束や、遊びの時間
という感じです。

022002
(雑っ!!)

まとめ

一番の魅力は 全体を見渡せる(俯瞰できる)こと◎ また使い込んでみて、ここにも書きまーす。

あわせて読みたい