なくして気づく・気づくためになくした

なくして気づく・気づくためになくした

photo by maki

こんにちは。

今朝はいつものように

植物園近くまで自転車で行き、軽くランニングをして

芝生でぼんやりしました。

 

その後、その敷地にある神社に行き、

お参りをしました。

 

ここまではいつもと変わらず。

 

自転車に乗り、信号を渡った時、

なんとなく、家のカギのことが気になって、

ポケットとバッグを確認しました。

 

やっぱり、落としている〜〜〜!

 

来た道を辿りました。

 

神社、そして探すのが困難な

草がのびのび伸び切った

芝生というより草むら。

ぼんやりと座っていたあたり…。

 

一度、戻った時は見つからず、

でもこのままでは家に入れません。

管理会社に連絡したり、などを考えても

『半日はつぶれちゃうな…』

気が遠くなる。

コインケースしか持って出ていない為、

身分を証明するものもない。

 

考え出したらイヤ〜な気持ちでいっぱいになります。

 

今朝は少しモヤモヤした感じがありました。

『ないない』な思考 ※〜してくれない、自分には〜ない などなど。

が勝っているなあと自覚はしつつ…。

 

それもあって、

神社では『自分に(ある)ものに気づける1日にしたいです』と

お参りしました。

 

もう一度、神社から、座っていた木の下まで歩きました。

『自分はいつも、あるじゃないか』

『自分はだいたいツイてる』

とか、もう必死に言い聞かせながら(笑。

 

そうしたら、結果はそのとおり、でございます!!

 

さっきは見えなかったのに

木の下の草むらの中でピカッとカギが光っていました。

 

もう天を仰ぎましたね。

そんな朝でした。

 

これは小さい話ではあるけれど、

意識していると、だいたいのことってそうだなあと

思うこの頃です。

 

あの時に、ぴぴっとカギのことが気になって確認しなかったら

カギがないまま家まで戻ってた。

 

自分には『ある』ということを気づくために

カギをなくしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

日記カテゴリの最新記事